こんにちは!

札幌円山の【ダイエット特化型パーソナルトレーニングジム】 シンギュラリティ サッポロのトレーナー佐々木です!!

このブログは、私の看護師・薬剤師両資格の経験や医学的文献、スポーツ学と栄養学の知識から根拠のある情報をしっかりとお伝えしていくブログです。

ダイエットで減量を成功させたい!と思う方はとっても多いと思います。

それでは、どれくらいで実現させたいのでしょうか?

トレーニングや食事の見直しなど、慣れていないことに挑戦するのでキツく感じることもあり、できるだけ短い期間が嬉しいですよね?

ジムに通うとなるとお金もかかるので、なるべく低価格で済ませたいところです。

皆さんはビタミンがダイエットにいいと一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか?

今回はいくつもあるビタミン中からビタミンB群について、ダイエットとの関係を解説していきますのでよろしくお願いします!

食事の見直しとビタミンB群の関係

ダイエットを行うときにはトレーニングの他に食事の見直しが必要です。

しかし、この食事の見直しは間違ったやり方で取り組むと必要な栄養素が不足してしまう状態になります。

具体的には「低エネルギー、低タンパク質、低脂質、低ミネラル、低ビタミン」の状態です。

この状態になってしまうと、筋肉や骨、血液といった日々の体を作る臓器類が構成できなくなります。その結果「短期的・一時的には体重が落ちたけど体調がすぐれない」「体重は落ちたけどイライラするし、仕事や家庭生活にも影響が出てしまった」などの状態が起きてしまう可能性があります。

そのような状態でトレーニングや食事の見直しを続けてもモチベーションが上がりませんし、リバウンドの原因にもなってしまいますよね。このような状態でリバウンドして体重が元に戻ってしまうと、ダイエットを始めた当初より脂肪がつきやすくなってしまいます。

さらに、栄養が不足していることから病気になってしまうこともあります。

そのため、ダイエットを行う際は「低エネルギー、高タンパク、低脂質、高ミネラル、高ビタミン」となるよう、栄養素を重視した理想的な食事の見直しを行う必要があります。

理想的な栄養状態を保ったまま、リバウンドを起こさせないダイエットを達成するためにもビタミンB群に対して適切なアプローチを行なっていく必要がありますね。

ビタミンB群の種類と役割

ビタミンB群は全部で8種類あります。

私たちの体の中でエネルギーを作るための酵素反応において、反応を手助けする”補酵素”として働き、欠かすことのできない栄養素です。

また、ビタミンB群はどれか一つだけでは効果を発揮しにくく、いくつかの種類を一緒に摂ることが効果的と言われています。

また、食品にだけでなく、医薬品やサプリメントとしても広く普及しています。その中でも、様々な種類があり、前駆体などの専門的な種類もありますのでトレーナーや医療者の専門的なアドバイスを受けてから取り入れいるようにしましょう。

8種類のビタミンB群は以下の通りです。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、葉酸、パントテン酸

ビタミンB群の体内での働き

ビタミンB群は、体内でとても多くの反応の補酵素として働いています。その中でもビタミンB群は代謝ビタミンと言われ、生きていくためのエネルギーを生み出すのに欠かせないものです。

体の中では様々な化学反応が常に生じていますが、その反応に必要なエネルギーを最小のもので済むようにしてくれているのが酵素です。

さらに、この酵素を助ける物質もあり、それを補酵素といいます。

補酵素は非蛋白生のものを指しており、ミネラルやビタミン類が含まれます。

ダイエットでは、トレーニングをしっかり行うことがとても大切になるので、ビタミンB群はダイエットに欠かせない栄養素になります。

エネルギーを生み出す反応

体の中でエネルギーはTCA回路という仕組みを通して生み出されます。

ブドウ糖からATPというわれるエネルギーの素を生み出すのにビタミンB群が必要となります。

逆に言えばこのビタミンB群があって初めてエネルギーがきちんと生み出されるのです。

そのためダイエットにはもちろん、日常生活を健康的に過ごす上でもビタミンB群が大事なのです。

各種ビタミンB群の働きと含まれる食品

ここからは各ビタミンB群の主な働きと、どんな食品に含まれるのかを解説していきますのでご覧ください。

1)ビタミンB1

・糖質をエネルギーに変える

・アルコール代謝に関わる

・神経の働きを正常に保ってくれる

・豚肉やウナギに多く含まれる。玄米にも含まれる

2)ビタミンB2

・脂質をエネルギーに変える

・脳と肝臓の働きに関わる

・豚肉、特にレバーに多く含まれる。ウナギや納豆にも。

3)ナイアシン

・エネルギーの酸性に関わる

・皮膚と粘膜の炎症を防ぐ

・カツオや豚肉、特にレバー、ピーナッツに多く含まれる

4)パントテン酸

・タンパク質、脂質、糖質の代謝に関わる

・皮膚、髪の毛に栄養を与える

5)ビタミンB6

・タンパクの合成と造血に関わる

・脳の働きに関わる

・神経伝達物質を作り出すことに関わる

・マグロや牛のレバー、さんまなどに多く含まれる

6)ビタミンB12

・タンパク質の代謝に関わる

・神経の動きを正常に保つ

・タンパク質の代謝に関わる

・牛のレバーやアサリに多く含まれる

7)葉酸

・神経の働きを正常に保つ

・タンパク質の代謝に関わる

・脳の動きを正常に保つ

・鶏のレバーや枝豆、菜の花に多く含まれる

8)ビオチン

・筋肉痛を和らげてくれる

・皮膚の状態を正常に保つ

様々な働きがあるビタミンB群は、色々な食品に含まれています。

ご自身のダイエットに設定した摂取カロリーを守りながら、バランスよく食事をし、ビタミンB群をしっかり摂るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はダイエットにビタミンB群が良い理由というテーマで情報を解説させていただきました。

以下に、今回の記事をまとめましたのでご覧ください。

①ビタミンB群は全部で8種類ある

②体内でエネルギー生成を助ける補酵素として働いている

③牛・豚・鶏、魚、野菜など様々な食品に含まれる

④ビタミンB群はエネルギーを生成し、トレーニングを充実したものにしてくれる

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回も、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

シンギュラリティ サッポロ 代表

パーソナルトレーナー 

佐々木 慎太朗 (ささき しんたろう)

この記事を書いた人

ザ シンギュラリティ サッポロ

札幌市中央区円山公園の「ダイエット専門パーソナルジム」のトレーナーの佐々木です。「ダイエット成功率100%」お客様満足度100%」の両方の達成を真剣に目指しているジムです。
ブログでは、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願いします!