こんにちは!

札幌円山の【ダイエット特化型パーソナルトレーニングジム】 シンギュラリティ サッポロのトレーナー佐々木です!!

このブログは、私の看護師・薬剤師両資格の経験や医学的文献、スポーツ学と栄養学の知識から根拠のある情報をしっかりとお伝えしていくブログです。

ダイエットをするときに真っ先に思い浮かぶのが食事の見直しやトレーニングですが、実は毎日の「睡眠」もダイエットの成功に密接に関係しているのすが、皆さんはご存知でしたでしょうか?

もしも、このブログをご覧のみなさんがダイエットを成功させて理想の体型を手に入れたいなら、睡眠の時間を十分に確保して、良質な睡眠を取ることもとても大切です。

ダイエットの成功や、日々のトレーニング・パフォーマンスの向上のためにも、良質な睡眠をとるコツを覚えておきたいところですよね。

そこで今回は「なぜ睡眠がダイエット成功に大事なのか?」と言うテーマで、睡眠とダイエットの関係性や、しっかりと痩せるための睡眠の取り方、さらに睡眠がダイエット以外の日常生活にももたらす効果などについて情報を発信していきたいと思います。

それではよろしくお願いします。

睡眠によるホルモン分泌

睡眠中には、美容や健康にとても関わりの深い「成長ホルモン」が活発に分泌されます。

この「成長ホルモン」には体内の脂肪を分解する働き、そして筋肉を発達させてくれる働きがあります。そのため、良質な睡眠をとることで成長ホルモンを分泌させることは、ダイエットを成功させるための観点から非常に重要です。また、成長ホルモンは子供の健全な成長に必要とされるホルモンですが、成人してからも分泌は続きます。

また、睡眠中に分泌される大事にホルモンは成長ホルモンだけではありません。睡眠中には食欲を抑えるホルモンである「レプチン」も分泌されます。そのため、睡眠不足になると、レプチンの分泌量がへり、食欲が増えやすくなるため、太っていまいやすい体質になってしまう可能性もあるのです。なので、睡眠時間をしっかりと確保して、規則正しい生活を心がけましょう。

ダイエット以外にも睡眠が大切な理由

良質な睡眠を毎日得ることは、ダイエットに対しての効果だけにはとどまりません。ここでは、睡眠がもたらしてくれる嬉しい効果について、深掘りして見ていきましょう。

1)肌のターンオーバーを正常化する

男性も女性も、美肌を保つためには肌のターンオーバーを正常化させることがとても大切です。

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを活性化させてくれる働きも持っています。この成長ホルモンの働きによって私たちの肌は新陳代謝を起こし、古い角質や汚れを落として新しい肌へと生まれ変わるのです。

肌のターンオーバーにはサイクルがあります。肌のターンオーバーのサイクルは約6週間で、この期間をかけて細胞が入れ替わります。

しかし、睡眠不足でターンオーバーのサイクルが遅くなってしまうと、肌が荒れたり吹き出物ができてしまうなどの可能性が高まるため注意が必要です。

2)心身のストレス・疲労回復

仕事や家庭の家事などで忙しいからといって、睡眠時間を大きく削ってしまうことはお勧めできません。なぜかというと、睡眠不足になると身体だけではなく精神的な疲労も取れにくくなってしまうからです。

睡眠で大事なのは、深い睡眠である「ノンレム睡眠」をとり、しっかりと十分な量の成長ホルモンを分泌させることです。成長ホルモンの分泌によって、体内や心身の回復が促進され、ストレス軽減も吐かれますので、自律神経が整い心身ともに休むことができます。

3)記憶の定着

学生の頃「記憶力を高め、暗記するなら寝る前良い」と言う話を聞いたことはありませんでしたか?寝る前に学習した内容は、睡眠中に定着しやすいという報告もあるくらいです。

また、「嫌なことも寝たら忘れられた。」と言う話も睡眠による影響です。寝ている間に、脳内の記憶が整理されて、嫌な感情が必要に応じて取り除かれると言われています。

4)ストレス解消

私たちは睡眠を取ることによって1日の疲れを癒やし、心身の修復を行っています。

しかし、睡眠時間が極端に短くなってしまったり、睡眠自体の質が悪かったりすると、成長ホルモンがうまく分泌されなかったり、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。

「平日は忙しすぎるから休みの日に寝溜めしよう。」と考える方も多いのですが、毎日十分な睡眠時間を確保することがとても重要です。ストレス解消のためにも、規則正しいリズムで寝ることを心がけてくださいね。

ダイエット成功には睡眠の質の向上が重要

ダイエットを成功させるためには、睡眠時間も大事ですが、睡眠の質も大事になります。これには、生活習慣の改善が必要となりますので、以下のポイントを押さえておきましょう

1)寝る前のブルーライトを避ける

寝る前にスマホやタブレットの画面を見すぎてしまうと、眠ろうとした時になかなか眠れなくなることがあります。これは、画面が発するブルーライトによって、人間の自然な眠りを促す「メラトニン」と言う神経伝達物質の分泌が妨げられてしまうためです。

入眠が遅くなると、朝もスムーズにおきられなくなってしまいます。また、ブルーライトは睡眠の質を低下させる可能性も高いとの報告もあり、体調などにも影響を及ぼす恐れがあります。

規則正しい生活リズムを保つためにも、就寝前のスマホやタブレットの使用はできるだけ控えたほうが良いでしょう。

2)寝る前にカフェインやアルコールを摂取しない

カフェインを含む飲料やお酒が好きな人は、飲む時間にも注意が必要です。カフェインには、覚醒作用が強くあるため、体質によっては寝つきが悪くなってしまいます。また、コーヒーだけでなく、緑茶やコーラにもカフェインが多く含まれているため気をつけましょうね。

また、「お酒を飲めば寝酒としてよく眠れる」と考え寝る前の飲酒を行う方もいます。確かに飲酒で一時的には眠りやすくなりますが、実は睡眠の質は落ちてしまいます。中途覚醒が増えるため良質な睡眠にはつながりません。

3)就寝前に体を温める

慢性的に体が冷えている場合、寝る前の体温調節がうまくいかず、寝つきが悪くなってしまうこともあります。自然に眠るためにも寝る前は身体を温めておきましょう。

以下の方法をお勧めします

・ストレッチを行う

・ウォーキングをする

・生姜湯やホットミルクなど体を温めるドリンクを飲む

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「なぜ睡眠がダイエット成功に大切なのか?」と言うテーマで情報をお伝えしました、

以下に、今回の記事をまとめましたのでご覧ください。

①睡眠で「成長ホルモン」や「レプチン」などの重要なホルモンが分泌される

②肌のターンオーバを活性化させる

③心身のストレスを緩和する

④記憶力の向上効果がある

⑤睡眠時間だけでなく、睡眠の質の向上が大切である。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回も、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

シンギュラリティ サッポロ 代表

パーソナルトレーナー 

佐々木 慎太朗 (ささき しんたろう)

この記事を書いた人

ザ シンギュラリティ サッポロ

札幌市中央区円山公園の「ダイエット専門パーソナルジム」のトレーナーの佐々木です。「ダイエット成功率100%」お客様満足度100%」の両方の達成を真剣に目指しているジムです。
ブログでは、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願いします!