こんにちは!

札幌円山の【個室ダイエット専門パーソナルトレーニングジム】 シンギュラリティ サッポロのトレーナー佐々木です!!

このブログは、私の看護師・薬剤師両資格の経験や医学的文献、スポーツ学と栄養学の知識から失敗しないダイエットの情報をお伝えしていくブログです。

ダイエットに興味があってやってみたいという方や、今現在ダイエットに挑戦している方の中にはトレーニングのほかに、食事の見直しも行っているもしくは検討している人も多いのでは無いでしょうか?

インターネットやテレビで色々な情報が簡単に入手できますが、情報量が多すぎてどの食材を食べて良いのか迷ったり悩むことってありませんか?

そこで、今回はダイエットに向いている一つの食材にテーマを絞って、その理由や具体的な食べ方、注意点をお伝えしていきたいと思います。

取り上げる食材は、皆さんこれまで何度となく食べたことがあるであろう身近な食材、お蕎麦を取り上げたいと思います。

「そばがダイエットに良いと聞いたけど本当?」

「そばは太りにくいって本当?」

「ダイエットの時ってお蕎麦は食べて良いの?」

「ダイエットする時ってお蕎麦はどれくらい食べていいの?」

など皆さんの疑問にお答えしていきたいと思います。

お蕎麦はダイエットにとっても役立つ成分を含んでいるものの、ただ食べるだけで痩せていくというものではありません。

偏った食事はリバウンドをしてしまう恐れもあります。また、栄養不足や便秘、貧血を引き起こしてしまうこともあります。

今回のテーマは「なぜ蕎麦はダイエットに良いのか?」というテーマで情報を発信していきたいと思います。

それでは、どうぞよろしくお願いします。

そばの効果について

ダイエットに取り組む際、食材をGI値という基準をもとに分類することは以前のブログでもお伝えしましたね。

お蕎麦は、食後の血糖値の急上昇を抑えてくれる低GI食品に分類される食材です。

GI値とは、食後の血糖の上がりやすさを示す指標のことです。GI値が高ければ、その食品は消化吸収されるスピードがとても早く、食べてもそのあとすぐに空腹を感じやすい、ということが特徴です。

例えば白米のGI値は81ですが、お蕎麦は50です。その他、代表的な麺類であるうどんやパスタと比べても低い数値です。

食後、急激に血糖が上がったりすることや血糖値が高いままであることは体脂肪を蓄える方向に体が傾くきっかけにもなります。

そのためダイエットには逆効果になってしまいます。体脂肪が蓄積しにくい低GI食材のお蕎麦はダイエットに効果的なのです。

そばの栄養素について

1)ビタミンB群

そばに多く含まれる栄養素はビタミンB群があげられます。

その中でもまずは、ビタミンB1が豊富です。

このビタミンB1は、ダイエットにとても大切な栄養素です。なぜなら、ビタミンB1は体内でエネルギーを産生させるのに必要な栄養素であるからです。

体内でエネルギーを産生するときには、主にブドウ糖を用いるのですが、このブドウ糖を用いたエネルギー産生に必要になるのがビタミンB1です。特に、糖質の多い食事をしていたり、トレーニングをしっかりする方は意識して取り入れたい栄養素です。

ダイエットは体脂肪を筋肉に置き換える過程です。また、筋肉を増やすためにはトレーニングが不可欠で、そのトレーニングをしっかりと行うためにはエネルギーが必要です。また、筋肉量が増えると基礎代謝が上がり痩せやすい体になりますが、基礎代謝にもエネルギーが必要です。

そのため、ビタミンB1を多く含むお蕎麦はダイエットにとても効果のある食材なのです。

また、そばにはビタミンB2も多く含まれます。

このビタミンB2は体内で糖質・脂質・タンパク質の代謝にとても深く関係しています。

ダイエットで必要なのは適切な栄養素を適切な量摂取することです。また、それらの栄養素を適切に代謝し、筋肉に変換していくことです。

そのため、このサイクルをしっかり回すためにもビタミンB2を豊富に含んだお蕎麦はダイエットにとても良いのです。

2)タンパク質

あまり知られていないかも知れませんが、実はお蕎麦にはタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は筋肉や内臓、血管など体の内部を作るとても大切な栄養素です。先ほどもお伝えしましたが、ダイエットとは体脂肪を筋肉に置き換えていく作業でもあります。この筋肉を作る材料となるのが、タンパク質ですのでしっかりと補給することがとても大切です。

逆に、万が一食事から摂取するタンパク質が少なく、体内タンパク質が不足した状態が続くと、筋肉量が落ちていき、それに伴い基礎代謝も落ちることにつながります。

基礎代謝が下がると痩せにくい体になってしまう恐れもありますので、この点はとても注意が必要な点です。

そばを食べる頻度

それでは、1週間のうちに何度くらいお蕎麦を食べれば良いのでしょう?

答えは毎日でも良い、です。

1日3食のうち毎食でも良いですし、1食だけでも良いです。1週間のうち1度だけでも良いのでお蕎麦を取り入れてみるようにしましょう。

お米に比べて血糖値が上がりやすいので、ダイエット効果をすぐに実感できますよ。

トレーニングも忘れずに行いましょう

ダイエットの際、今回お伝えしたお蕎麦のように、毎日のお食事の見直しはとても大切です。しかし、食事の見直しだけで痩せることは少々難しいと言わざるを得ません。

毎日の食事の見直しに加えて有酸素運動や筋力トレーニングを行うことで、筋肉を鍛えることができます。なぜなら、ダイエットは体脂肪を筋肉に置き換える作業です。

また、筋肉量が増えると基礎代謝量が増えて脂肪を燃焼しやすい体を作ることができます。

また、筋肉量が増えるとリバウンドしにくくもなります。

お食事の見直しとトレーニングをしっかりと行うことで、理想の体作りを目指していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「なぜ蕎麦はダイエットに良いのか?」というテーマで皆さんに情報をお伝えしました。

以下に、今回の記事をまとめますのでどうぞご覧ください。

①お蕎麦は低GI食品であるので体脂肪の蓄積を予防できる

②ビタミンB群が豊富

③タンパク質が豊富

④毎日食べても良い

⑤トレーニングも忘れないこと

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回も、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

シンギュラリティ サッポロ 代表

パーソナルトレーナー 

佐々木 慎太朗 (ささき しんたろう)

この記事を書いた人

ザ シンギュラリティ サッポロ

札幌市中央区円山公園の「ダイエット専門パーソナルジム」のトレーナーの佐々木です。「ダイエット成功率100%」お客様満足度100%」の両方の達成を真剣に目指しているジムです。
ブログでは、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願いします!