こんにちは!

札幌円山の【個室ダイエット専門パーソナルトレーニングジム】 シンギュラリティ サッポロのトレーナー佐々木です!!

このブログは、私の看護師・薬剤師両資格の経験や医学的文献、スポーツ学と栄養学の知識から失敗しないダイエットの情報をお伝えしていくブログです。

ダイエットに興味があり、やってみたいと思っている方や、今現在ダイエットに挑戦している方の中にはトレーニングに加えて、食事の見直しも行っている・もしくは検討している人も多いと思います。

ネットやSNSで色々な情報が簡単に入手できますが、情報量が多すぎてどの食材を食べて良いのか迷ったり悩む人も中にはいらっしゃるのではありませんか?

そこで、今回はダイエットに向いていると考えられている一つの食材にテーマを絞って、その理由や具体的な食べ方、注意点をお伝えしていきたいと思います。

取り上げる食材は、皆さんこれまで何度となく食べたことがあるであろう身近な食材の「ブルーベリー」を取り上げたいと思います。

「ブルーベリーがダイエットに良いと聞いたけどどうなの?」

「ブルーベリーは太りにくいって本当なの?」

「ダイエットの時ってブルーベリーは食べても良いの?」

「ダイエットする時ってブルーベリーはどれくらい食べていいの?」

など皆さんの疑問にお答えしていきたいと思います。

ブルーベリーはダイエットにとっても役立つ食材ではあるものの、ただ食べるだけで痩せていくというものではありません。

さらに言えば偏った食事はリバウンドをしてしまう恐れもあります。また、栄養不足や便秘、貧血を引き起こしてしまうこともあります。

そこで、今回のテーマは「なぜブルーベリーはダイエットに良いのか?」というテーマで情報を発信していきたいと思います。

それでは、本日もどうぞよろしくお願いします。

ブルーベリーの効果

早速、ブルーベリーを食べるとダイエットにどういう効果があるのか説明していきたいと思います。

1)脂肪燃焼効果

ブルーベリーには様々な成分が含まれていますが、その中にはポリフェノール類も多く含まれています。この、ポリフェノール類の中で「アントシアニン」という成分がブルーベリーに多く含まれています。

アントシアニンという成分を聞いたことがある人も多いかと思いますが、目に効果的であると有名な成分ですね。

目にも効果的なアントシアニンは、そのほかに、体内での脂肪合成を抑制させる働きや脂肪の燃焼を促進してくれる効果があることが報告されています。

ダイエットの最中に、食事の中にブルーベリーを取り入れ、トレーニングもきっちりと行うことで、効率よく体脂肪を燃焼させることができます。ダイエットを成功させるためにも、トレーニングとともに、ブルーベリーを食べることがオススメです。

2)血糖値の上昇を抑える

これもブルーベリーに含まれるポリフェノール類の一種、アントシアニンの働きによるものですが、アントシアニンには血糖値を上昇させない、もしくは上昇を穏やかにする働きがあることが報告されています。

食後に血糖値が急上昇する、もしくは血糖値が高い時間が長いとインスリンが過剰に分泌され体脂肪を蓄える方向に体が働きます。そのため、血糖値の上昇を抑えることで、内臓脂肪の過剰な蓄積を防いでくれます。

ブルーベリーを積極的に摂ることで、高血糖による糖尿病や肥満を予防する効果も期待できますね。ダイエット成功だけでなく、健康体を保つためにも一役買ってくれるのでこの点でもブルーベリーはダイエットにオススメです。

3)便秘の予防効果

ブルーベリーには水溶性と不溶性の両方の食物繊維が含まれています。ブルーベリーを日常の食事の中に取り入れることで、食物繊維も多く摂ることができます。その結果、善玉菌が増えて腸内環境を整えることができ便秘を予防、もしくは解消することができるのです。

ダイエット中に便秘をしてしまうと、食事からの栄養素を吸収しにくくなってしまったり、老廃物を体外に排泄できずに体調を崩してしまう、お肌の調子が悪くなるなどのデメリットがあります。また、お腹が張って食欲も湧きにくくなり、何よりダイエットの効果を実感しにくくなります。

食物繊維が豊富ブルーベリーを食べ、便秘を予防・解消し腸内環境を綺麗に保ち、代謝を活発にすることで、ダイエットをしっかりと成功に導きましょう。

ブルーベリーのカロリー

それではブルーベリーにはどれくらいのカロリーが含まれているのでしょうか?

それぞれの食べ方でのカロリーは以下の通りです。

1)生のブルーベリー  100gあたり

→49kcal

2)ブルーベリーのジャム  100gあたり

→181kcal

3)乾燥したブルーベリー 100gあたり

→286kcal

この3種類を比べてみると、生でブルーベリーを食べるのが一番カロリーが低いです。

ダイエットに効果があるとはいえ、砂糖が多いジャムを食べすぎると逆に太ってしまいかねませんので控えめの量にしましょう。

食べる量

それでは、実際に1日にどれくらいの量のブルーベリーを食べて良いのでしょうか?

ある報告によると、1日に40~50gを食べるとダイエット効果や健康促進効果を感じやすいと言われています。これは粒の数に換算すると20~30粒ほどです。

食事のアクセントにしてみたり、ヨーグルトやスムージーの材料にするなどで取り入れるようにしましょう。また、感触をスイーツでなくブルーベリーに置き換えることもオススメです。

毎日のトレーニングも忘れずに!

ダイエットに取り組む際、食事の見直しはとても大切です。けれども、食事の見直しだけで痩せることは難しいと言わざるを得ません。食事の見直しに加えて有酸素運動や筋力トレーニングを定期的に行うことで、筋肉を鍛えることができます。ダイエットは体脂肪を筋肉に置き換える作業です。

そして、筋肉量が増えると基礎代謝量が増えて脂肪を燃焼しやすい体を作ることができます。

また、筋肉量が増えるとリバウンドしにくいカラダを手に入れられることにもなります。

ぜひ、食事の見直しだけでなく定期的なトレーニングも行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「なぜダイエットにブルーベリーが良いのか?」というテーマで情報をお伝えしてきました。

以下に今回の記事をまとめましたので、どうぞご覧ください。

①ブルーベリーには脂肪燃焼効果のあるアントシアニンが含まれている

②アントシアニンは血糖上昇を抑える効果もある

③ブルーベリーには便秘予防・解消効果もある

④生のブルーベリーが一番低カロリー

⑤1日に40~50gのブルーベリーが摂取量としてオススメ

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回も、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

シンギュラリティ サッポロ 代表

パーソナルトレーナー 

佐々木 慎太朗 (ささき しんたろう)

この記事を書いた人

ザ シンギュラリティ サッポロ

札幌市中央区円山公園の「ダイエット専門パーソナルジム」のトレーナーの佐々木です。「ダイエット成功率100%」お客様満足度100%」の両方の達成を真剣に目指しているジムです。
ブログでは、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願いします!