こんにちは!

札幌円山の【個室ダイエット専門パーソナルトレーニングジム】 シンギュラリティ サッポロのトレーナー佐々木です!!

このブログは、私の看護師・薬剤師両資格の経験や医学的文献、スポーツ学と栄養学の知識から失敗しないダイエットの情報をお伝えしていくブログです。

ダイエットに興味があって自分でもこれからやってみたいと思っている方や、今現在ダイエットに挑戦している方の中にはトレーニングに加えて、食事の見直しも行っている・もしくは検討している人も多いと思います。

ネットやテレビで色々な情報が簡単に入手できるようになりましたが、情報量が多すぎてどの食材を食べて良いのか迷ったり悩む人も中にはいらっしゃるのではありませんか?

なので、今回はダイエットに向いている一つの食材にテーマを絞って、その理由や具体的な食べ方、注意点をお伝えしていきたいと思います。

取り上げる食材は、皆さんこれまで何度となく食べたことがあるであろう身近な食材の「枝豆」を取り上げたいと思います。

「枝豆がダイエットに良いと聞いたけどどうなの?」

「枝豆は太りにくいって本当なの?」

「ダイエットの時って枝豆は食べても良いの?」

「ダイエットする時って枝豆はどれくらい食べていいの?」

など皆さんの疑問にお答えしていきたいと思います。

枝豆はダイエットにとっても役立つ食材ではあるものの、ただ食べるだけで痩せていくというものではありません。

さらには、偏った食事はリバウンドをしてしまう恐れもあります。また、栄養不足や便秘、貧血を引き起こしてしまうこともあります。

そこで、今回のテーマは「なぜ枝豆はダイエットに良いのか?」というテーマで情報を発信していきたいと思います。

それでは、本日もどうぞよろしくお願いします。

枝豆を食べると得られる効果

それでは、早速今回の食材の枝豆について、食べると得られる効果から具体的にみていきましょう

1)体内でのエネルギー代謝アップ

枝豆にはビタミンB群が豊富に含まれています。その中でもビタミンB1は特筆すべき量含まれています。

枝豆100gあたりビタミンB1は0.31mg含まれています。これだけみると一見少ないように見えますが、実はこの量は18~40歳代女性の1日に必要な必要量のおよそ30%をまかなう量なのです。

ビタミンB1は、体内で糖質からのエネルギー産生を助けてくれる働きがあります。

逆に不足してくると、食欲低下や疲れやすくなる、倦怠感が生じるなど夏バテに似た症状が起きやすくなります。

しっかりと摂取すると、ダイエットのための定期的なトレーニングをしっかりと行うために必要なエネルギーを賛成してくれます。そしてその結果、体脂肪が筋肉に変わりやすくなります。筋肉は基礎代謝=エネルギーを必要としますので、ビタミンB群はここでも活躍してくれます。

こうして、太りにくく痩せやすい体を作ることができダイエットの成功が近づきますので、枝豆を積極的に食べることはとってもオススメです。

2)美肌効果がある

枝豆にはタンパク質が豊富に含まれています。枝豆100g中のタンパク質は11.7gにもなります。

このタンパク質は食事で体内に取り込まれると、アミノ酸などに分解され、コラーゲンや他の臓器・血管・筋肉組織として再構成され利用されています。

お肌の美容にはコラーゲンが重要ですので、タンパク質が豊富な枝豆で取り入れることは美容にもとても良いことになりますね。

また、ダイエットは体脂肪を筋肉に置き換える過程です。筋肉が増えるとリバウンドしにくい=太りにくく、痩せやすいカラダが作れます。

体脂肪と筋肉を比べると筋肉の方が基礎代謝が高いからです。

この筋肉を作ってくれるのも、タンパク質のですので枝豆を積極的に食べてタンパク質を取り込み、ダイエットを成功させましょう。

3)むくみの解消効果

枝豆にはカリウムが豊富に含まれています。枝豆100g中には590mgのカリウムが含まれています。

カリウムは体内で、塩分由来のナトリウムとバランスを取るように拮抗しています。塩分由来のナトリウムを体外に排出するように働きます。この塩分由来のナトリウムが排出されるときに余分な水分も排出される仕組みになっているので、むくみを予防できるのです。

ちなみに、同じ野菜だと

・キャベツ 100gあたり 

カリウム  200mg

・トマト  100gあたり

カリウム210mg

のカリウム含有量なので、枝豆にはカリウムが豊富なことがわかりますね。

積極的に枝豆を食べてむくみを予防し。ダイエットの効果をしっかり実感できるようにしましょう。

4)便秘の予防・解消

枝豆には100g中に5.0gの食物繊維が含まれています。

食物繊維を含む食品を食べることで、腸管内の水分量の引き込みがアップします。その結果便のかさが増し、排便しやすい状況になります。

また、食物繊維が腸管内にあることで、腸の蠕動運動が促進されるため、排便がしやすくなります。

便秘になってしまうと体内の毒素や代謝物が排出されなくなり代謝が下がってしまいます。また、お腹が張ってしまうのでダイエットの効果を実感しにくくなってしまいます。

積極的に枝豆を食べて便秘を予防・防止するようにしましょう。

実際の食べ方

枝豆は間食もしくは、夕食の主食と置き換えるのがオススメです。

夕食は仕事の疲れやストレスから油っぽいものやカロリーの高いものを食べてしまいがちになるので、主食のご飯を枝豆などに置き換えカロリーを抑えるようにしてみてくださいね。

糖質やカロリーを減らしすぎると体調を崩してしまうことがありますので、置き換えをする場合は1日3食のうち1食だけにして、主菜と副菜もしっかり食べるようにしましょう。

実際の取り入れ方

それでは、実際にダイエットの時の食事でどのように豆腐を取り入れれば良いのでしょうか?

それは、主食を豆腐と置き換えるやり方がオススメです。

ご飯やうどん、食パンなどの炭水化物をお豆腐と置き換えるようにしてみてください。カロリーがグッと抑えられるのでダイエットの成功が近づきますよ。

ただし、お豆腐だけでは栄養素が乏しくなってしまう場合もあるので、副菜で栄養バランスをしっかりと補うようにも気をつけてくださいね。

トレーニングも忘れずに行うこと

ダイエットを成功させたい時、食事の見直しはとても大切です。しかし、食事の見直しだけで痩せることは難しいと言わざるを得ません。しかし、食事の見直しに加えて有酸素運動や筋力トレーニングを行うことで、筋肉を鍛えることができます。ダイエットは体脂肪を筋肉に置き換える作業です。

筋肉量が増えると基礎代謝量が増えて脂肪を燃焼しやすい体を作ることができます。

また、筋肉量が増えるとリバウンドしにくくもなります。

これらの理由から、ダイエットの時は食事の見直しと一緒に定期的なトレーニングも行うようにすることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「なぜ枝豆はダイエットに良いのか?」と言うテーマで情報をお伝えしてきました。

以下に今回の記事をまとめましたので、どうぞご覧ください。

①枝豆は低カロリーでダイエットに向いている

②代謝アップや美肌効果、むくみの解消などの効果がある

③タンパク質を多くふくみ、筋肉合成に役立つ

④間食か夕食の主食と置き換えるのがオススメ

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回も、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

シンギュラリティ サッポロ 代表

パーソナルトレーナー 

佐々木 慎太朗 (ささき しんたろう)

この記事を書いた人

ザ シンギュラリティ サッポロ

札幌市中央区円山公園の「ダイエット専門パーソナルジム」のトレーナーの佐々木です。「ダイエット成功率100%」お客様満足度100%」の両方の達成を真剣に目指しているジムです。
ブログでは、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願いします!