こんにちは!

札幌円山の【個室ダイエット専門パーソナルトレーニングジム】 シンギュラリティ サッポロのトレーナー佐々木です!!

このブログは、私の看護師・薬剤師両資格の経験や医学的文献、スポーツ学と栄養学の知識から失敗しないダイエットの情報をお伝えしていくブログです。

みなさまのダイエット成功に少しでも役立てていただけるような情報をお伝えしていきますので、どうぞご活用ください!

巷では、ダイエットに関するさまざまな情報がありますよね。

トレーニング方法や、入浴の仕方、睡眠の質など多岐にわたる情報があります。

それではどうぞよろしくお願いします。

加工肉のダイエットに対する影響

みなさんは、加工肉がダイエットに及ぼす悪影響について考えたことがありますか?

ダイエットを成功させ理想のSTYLEを手に入れようとがんばってみても、何をどれくらい食べたら良いかなかなかわからないこともありますよね。

今回は、ダイエット成功させたいのであれば食べてはいけない食材の加工肉について、その理由を含めて皆さんに情報を発信していきたいと思います。

それではどうぞよろしくお願いいたします!

NGポイント3点について

1)脂肪分が多すぎるためNG

ハムやベーコン、ソーセージや生ハム、サラミなど数多くの種類がある加工肉ですが、その中でも気をつけて欲しいことは、脂肪分が多すぎるということです。

ダイエットは体脂肪を減らして、筋肉量を増やすことですので、食事からの脂肪をとりすぎることは絶対にNG!特に、ベーコンやソーセージ、サラミには脂肪が多く含まれているのでダイエット中は食べることを控えてください。

どうしても食べたくなったとしても、チートデー(=ダイエット中に1日だけ決められたカロリーの範囲内で好きなものを食べて良い日)の限定の食事に取り入れたり、食べる量を細かく制限するなどの最新の注意が必要です。

食べても良い目安の量は、スープや炒め物の香り・風味づけのために1~2枚程度、もしくはサラダにカリカリに炒ったベーコン少量などに済ませるようにしましょう。炒る時も極力油はひかず、ベーコンから出た余分な油もクッキングペーパーで吸い取るなどの工夫をしてくださいね。

2)塩分が多く含まれている

これはどの加工肉についても共通のことですが、塩分が多く含まれています。

塩分の取りすぎはむくみの原因になり血圧を上昇させてしまう危険もあります。

むくんでしまうと、STYLEが悪く見えてしまいダイエットのモチベーションが保ちにくくなってしまいますよね。

また、浮腫むということは余分な水分が体に残っている状態なので、体重の減少も実感しにくくなってしまいますので逆効果です。

また、むくんでしまうことで体を思うように動かせなくなってしまったり、動機や息切れなどをしやすくなってしまうので定期的なトレーニングにも支障をきたしてしまいます。

この点からも、やはり加工肉の食べ過ぎには気をつけたいところですね。

ダイエット中にどうしてもハムやベーコンなどの加工肉を食べたくなった時は、むくみを解消してくれる働きのあるカリウムを多く含む野菜も一緒にとるように努力してくださいね。

塩分由来のナトリウムと野菜などに多く含まれるカリウムは互いに拮抗しあって体内の水分バランスを保っています。カリウムを多く含む野菜を積極的に摂取して浮腫まないようにしましょう。

また、塩分の取りすぎは高血圧や動脈硬化、心臓疾患などだったり生活習慣病の原因にもなりますので注意してくださいね。

3)発癌性のリスクが報告されている

加工肉に含まれる添加物と塩分・タンパク質の組み合わせで発がん性物質を体内に取り込んでしまうことになり、それが原因でがんを発症する可能性が高まるという報告があります。

この点に関しては報告レベルのものであるので、実際にどれくらいの方が加工肉が原因で癌になっているかはっきりとしたデータなどはありません。

それでも、ダイエットというのは健康的な運動習慣と食事習慣を目指すのが基本ですので、少しでも悪影響が考えられるものは避けるか食べる量を控えめにしたほうが賢明ですね。

どの加工肉をどのくらいの期間どのくらいの量食べると良いかはハッキリしていませんがダイエット成功を目指すのであれば、加工肉以外の肉からタンパク質を効率よく摂取しましょう。

もしも加工肉が食べたくなった時は

でも、ダイエットに取り組む前までの食生活でハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉をよく食べていた方だと、ダイエットに取り組み始めてからも食事管理が苦しくて加工肉を食べたくなる時もあるのではないでしょうか?

なので、加工肉を食べたくなったらどうすべきかをお伝えしたいと思います。

まず、1番に避けるべきなのはベーコンでしょう。ベーコンは他の加工肉に比べて多量の脂質を含んでいますので、それよりかはハムやソーセージ、スパムなんかを食べるほうが良いですね。

その中でも特にオススメなのはハムです。ハムにはビタミンB1が多く含まれ糖質や脂肪の燃焼を助けてくれる働きり、タンパク質を豊富に含んでいることも魅力の一つです。

また、ひき肉を加工して作るソーセージやスパムはその次にお勧めです。ハムに比べると脂肪は多いのですが、それでもベーコンよりは脂肪が少なく、またタンパク質も豊富です。

ただし、先ほどお伝えした通り食べ過ぎは絶対に気をつけてくださいね!

また、ハムやソーセージなどの付け合わせもとっても大事な要素です。

気をつけて欲しいのはポテトフライやポテトサラダです。これらは、大変美味しい組み合わせなのですが、糖質と脂質を一緒に食べることになり大変太りやすく危険な食べ合わせです。ダイエットのときには、控えましょう。

また、加工肉をおかずとして食べる場合は、糖質を半分以下に抑えるなどの工夫が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は加工肉がダイエットに及ぼす悪影響3点についてみなさまに情報を発信してまいりました。

お困りの際は、札幌円山のダイエット専門パーソナルジム シンギュラリティ サッポロが皆さんを全力でサポートさせていただきます!理想のSTYLEを叶えましょう!

札幌市円山のダイエット専門パーソナルジム シンギュラリティサッポロではオーナートレーナーが医療国家資格を保有しているため、健康的なダイエット成功をみなさまにお届けしたいと思っています。ぜひ、ダイエットで失敗したく無い・失敗しないダイエットをお求めの方はご検討くださいね。

今後もダイエットに役立つ情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

シンギュラリティ サッポロ 代表

パーソナルトレーナー 

佐々木 慎太朗 (ささき しんたろう)

この記事を書いた人

ザ シンギュラリティ サッポロ

札幌市中央区円山公園の「ダイエット専門パーソナルジム」のトレーナーの佐々木です。「ダイエット成功率100%」お客様満足度100%」の両方の達成を真剣に目指しているジムです。
ブログでは、ダイエットに少しでも役立つ情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願いします!